安全麻酔センター

全身麻酔

ファン・スジン 院長

麻酔ペイン医学科専門医
全北大学医学大学卒業
大韓麻酔科学会正会員
大韓ペインクリニック学会正会員

全身麻酔

イ・ジョンイン院長

麻酔ペイン医学科専門医
梨花女子大学医科大学卒業
大韓麻酔科学会正会員
大韓ペインクリニック学会正会員

 

  • 麻酔痛症医学科専門医365日24時間常駐!

安全麻酔システム

  • 安全な整形手術のための

大学病院級の最先端医療機器でのケア

  • 患者様の安全を最優先する

応急処置システム!

  • 整形部位別

専門麻酔システム

  • 患者様の安全な回復と感染予防!

専門看護師の24時間医療サービス!

1:1専門麻酔システム

手術が安全に終了するまで、 手術中麻酔科専門医が患者のそばで 1:1専門管理をいたします。

大学病院級の専門医療機器保有

手術中/手術後の 患者の状態をリアルタイムでチェックして、 監視することができる 先進的な麻酔医療機器を保有しています。

個人合わせの麻酔プログラム

手術前の検査結果を参考にして 個人の特性を考慮して、個人の安全に合う 麻酔プログラムを提供しています。

麻酔前の注意事項

禁食の時間は徹底して守る

手術前は最低8時間絶食していただかなければ、胃の中の内容物が気道に逆流するようになり窒息、嘔吐による致命的な肺炎を引き起こす可能性があるので、必ず禁食をする必要があります。

ご本人様の疾患有無及び薬の服用をチェック

高血圧、肺疾患、心血管疾患などは、麻酔に注意を必要とする全身疾患です。もし、薬物服用で治療中の場合、手術前に専門医と十分な相談の後安全な手術の準備をしなければなりません。

喫煙と飲酒

麻酔の副作用を予防するために、手術前の2週間は飲酒や喫煙を避けることをお勧めします。

麻酔回復時必ず知っておくべき情報

手術後に眠くなる現象

手術の前日に緊張で十分な睡眠ができなかった場合、あるいは全身麻酔ガスが体内に残っている場合、眠くなる現象は一般的に現われる現象です。 この時、痰が排出されていない状態で、手術後には必ず深呼吸と咳呼吸が必要です。

吐き気と頭痛

体質的に貧血の症状、あるいは身体の変化に敏感な場合、手術後は個人差がありますが回復速度が遅い場合、頭痛/嘔吐の症状がひどい場合、薬物投与を通じて症状を緩和させます。

喉の痛みと喉の渇きの症状

 全身麻酔の過程で筋弛緩と器官内挿管をした場合、一時的に喉への小さな痛みが発生することがありますが、長年のノウハウと技術力で検証された麻酔科学専門医が手術を施行するため心配の必要はございません水は、手術後の体の生理現象が正常に戻ったときから摂取可能であり、全身麻酔の場合は6時間後、 それ以前にはガーゼに水をつけて口を潤すことができます。


 

応急処置システム

ジュエリー美容外科の医療目的は、顧客の安全な美しさです。 どのような緊急事態でも、迅速に対処するためのシステム導入は、ジュエリー美容外科の使命とも言えます。
st_img1 (1)
大学病院級

最新の医療機器 分期別アップグレード 購入

st_img2
全職員に応急処置の状況に応じた

安全で確実な手術結果!

st_img3
安全で確実な手術結果!

結果で話すジュエリー美容外科