鼻の整形
鼻整形-M

隆鼻術

低い鼻を高める施術を’隆鼻術’と呼び、鼻柱はプロテーゼ(補形物)を使い、鼻先は自家組織で鼻を高め、低い鼻を形よく高くするのに最も多く施行されている鼻整形手術です。

way_low_01
手術前
way_low_02
鼻柱

鼻の穴の内側を切開して傷を最小限にする非開放型と鼻の柱部位を切開して、正確な方法で校正する開放型があります。

way_low_03
切開法

本人の皮膚の厚さや形状に適し補形物を選択して、鼻の骨膜下に補形物材料を使用して鼻筋を高めます。

way_low_04
鼻先

自己軟骨または真皮を使用して鼻先の角度と高さを合わせて自然に上げてくれます。

way_low_05
手術後
手術情報
隆鼻術
隆鼻術

鼻先整形

鼻の形が美しいかどうかに最も影響する鼻先。鼻柱から直線ラインを形成させ、若干鼻先を出して、やや持ち上げるように施術します。鼻先が短ったり鼻先が垂れた方に適した施術であり、ジュエリー美容外科の鼻先整形は人工的でかたい鼻先、副作用の心配はなく自然な鼻先を作りあげます。

way_tip_01
鼻が大きくて丸い場合

鼻の穴の中に切開して傷が外部から見えない非開放型と、鼻柱部位を切開して、正確な方法で校正する開放型があります。患者の鼻の状態によって十分な相談後、切開方法が決定されます。

way_tip_02
鼻の大きさがあまり大きくなくて広がっているる場合

鼻の組織を切らないで、軟骨を中央に集めてまとめる方法

way_tip_03
鼻に肉が多い場合

皮膚組織を取り除いたあと、鼻の軟骨を取ってあげて高い鼻を作るため、軟骨を移植してスリムな鼻先を支えてくれる方法

手術情報
鼻先整形
鼻先整形

短鼻

鼻が短くやや持ち上がっている場合、正面から見た時に鼻の穴が見えやすく、いわゆる’ブタ鼻’と呼ばれます。短い鼻施術は、難易度が高い施術ですので経験が豊富で実力のある整形外科専門医に施術を受けてこそ満足のいく結果を手に入れることができます。鼻の長さが短すぎて鼻の穴がみえたり、鼻の施術後、矩形の構築による副作用によって鼻先が持ち上がった方に適した施術です。

1. 鼻の角度が上がってる場合

持ち上げられた鼻先の皮膚と軟部組織を剥離して、下方に固定して軟骨が長く見えるように補正します。

way_short_01
手術前
way_short_02
way_short_03
手術後
2. 鼻の穴のみ上がってる場合

鼻の穴だけ上がってる場合は、唇と鼻先の角度を考慮して、鼻先を降りて校正します。顔全体に洗練されたイメージを与えます。

way_short_07
手術前
way_short_08
way_short_09
手術後
3. 鼻の長さが短い場合

鼻が全体的に短い場合には、自己軟骨を利用して、全体的な長さを延長させて鼻を増やす方法です。

way_short_04
手術前
way_short_05
way_short_06
手術後
手術情報
短鼻
短鼻

曲がった鼻

曲がった鼻は、過去の外傷による後遺症から現れる場合がほとんどであり、鼻の骨だけでなく鼻の中を分ける鼻中隔という軟骨構造が共に曲がる場合が多く、機能的にも片方の鼻が詰まる鼻炎などの鼻疾患にもつながります。曲がった鼻の施術はこのような鼻の機能性と形を全て改善させる施術で、正面から見た時片方に曲がっている鼻や曲がった鼻による鼻詰まりの症状、呼吸が困難な方に適した施術です。

1.鼻骨と軟骨が曲がった場合

鼻と軟骨の両方で飛び出している方を切って内側に入れると同時に曲がっている鼻中隔軟骨を矯正し、軟骨を重ねて展開する手術を並行します。

曲がった鼻1
手術前
曲がった鼻2
手術後
2.鼻面と鼻中隔軟骨が曲がった場合

鼻中隔軟骨の曲がった部分を一部切除して咲いてくれる'鼻中隔整形術'で、軟骨の曲がった部分を矯正して非対称である鼻の軟骨も一緒に正しく取ってあげます。

曲がった鼻3
手術前
曲がった鼻4
曲がった鼻5
手術後
手術情報
曲がった鼻
曲がった鼻

わし鼻

わし鼻は鼻の骨と鼻の鼻中が隔軟骨に成長しないことによって、鼻筋の中間部位がこぶのように突き出、鼻の先は下に重れて見え、強い印象を与えることになります。このような屈曲した鼻をスマートなラインに矯正する施術です。鼻筋がデコボコしていたりきついイメージがコンプレックスである方に適した施術で、施術後、やわらかいイメージに変えてくれます。

 

1. 大きくて高いわし鼻

最大限の骨を生かし、骨切りを最小限にして高い鼻を維持するものの形をきれいに直してくれます。

わし鼻1
手術前
わし鼻2
わし鼻3
手術後
2. 鼻の中間だけ高いわし鼻

突き出た部分だけを除去して鼻先を自己軟骨や補形物で、希望する鼻の形を自然に作ります。

わし鼻4
手術前
わし鼻5
わし鼻6
手術後
3. 低いわし鼻

低いわし鼻の場合、症状が弱いために骨を削らずに鼻の上に補形物を覆い、鼻を建ててくれます。

わし鼻7
手術前
わし鼻8
わし鼻9
手術後
手術情報
わし鼻
わし鼻

長い鼻(矢鼻)

長い鼻は、ほとんどの場合、鼻の先の軟骨が長かったり下に下がって鼻先が深く垂れ、まるで矢尻のように見え、イメージが強くきつく見えます。長い鼻は鼻先を上げる施術として矯正が可能であり、施術後、幼く見える効果があるため鼻の施術中の中で満足度が高い施術です。

長い鼻(矢鼻)1
手術前
長い鼻(矢鼻)2
鼻先の軟骨(接骨)
長い鼻(矢鼻)3
残った鼻軟骨を頭の方に持ち上げて縫合します
長い鼻(矢鼻)4
鼻中隔延長術を利用して鼻軟骨を上向き方向に移動させて固定します
長い鼻(矢鼻)5
鼻先の下引筋を切開して再発を防止します。
長い鼻(矢鼻)6
必要に応じて補形物で鼻を高めたり、鼻先に軟骨を上げます
手術情報
長い鼻(矢鼻)
長い鼻(矢鼻)

だんご鼻

多くの東洋人が持っているだんご鼻は、鼻先が短く平たく広がっており洗練されないイメージを与えます。このような場合、広がった鼻翼軟骨を同時に集め軟骨形態を矯正して施術します。鼻先が低い場合には、耳介軟骨や鼻軟骨を使って高めることによりも少し洗練されたイメージを作ることができます。

1. 小鼻の軟骨が広い場合

軟骨を小さくに整え、両方を縫合して小鼻を集めてくれます。 両側軟骨の間に耳の軟骨や鼻中隔軟骨などを挿入して高くします。

だんご鼻1
手術前
だんご鼻2
手術後
2. 小鼻軟骨が開けてる場合

軟骨を小さく整え両方を縫合して結んでくれたら下に接続されている鼻中隔が上の方に上がって、自然に高い鼻を作ります。

だんご鼻3
手術前
だんご鼻4
手術後
3. 脂肪が多く、肌の組織が厚い場合

皮下脂肪を除去して鼻先を高めてくれます。 鼻を高くする手術を一緒にした場合、鼻先に軟骨を使用し、より洗練されたラインを作ります。

だんご鼻5
手術前
だんご鼻6
手術後
手術情報
だんご鼻
だんご鼻

鼻翼縮小

鼻翼縮小は、比較的簡単な施術です。鼻翼が大きく横に広がり、鼻の穴が大きく見え、鼻が低く見えると洗練されないイメージを与えるため、ぶ厚い鼻翼の皮膚組織を取り除き、鼻の穴の大きさを狭める施術法です。切開線が小鼻の先と頬の境界線に残るので施術の傷跡がほとんど目立たず、効果的であり鼻翼を小さくすることができます。

1. 小鼻の皮膚を低減する方法

普遍的に施術される手術で鼻の下の肌を切開して縫合して小鼻を集めてくれます。 小鼻と鼻の境界線の切開で傷跡を最小化します。

鼻翼縮小1
鼻中隔延長術を利用して鼻軟骨を上向き方向に移動させて固定します
鼻翼縮小2
鼻先の下引筋を切開して再発を防止します。
2. 小鼻の内側を縛って集める方法

小鼻がひどく広がっていない場合、施行する手術で切開をせず、両方の鼻の穴の間をひもで縛り、鼻の先を集めてくれます。

鼻翼縮小3
鼻中隔延長術を利用して小鼻を上向き方向に移動させて固定します
鼻翼縮小4
鼻先の下引筋を切開して再発を防止します。
手術情報
鼻翼縮小
鼻翼縮小

鼻の施術修正

鼻の施術後、お望みの鼻の形と違ったり、プロテーゼ(補形物)がとても高い場合、鼻の先がとがり鼻の先が赤く変わる場合、プロテーゼがひどく動く場合、鼻が下がったり炎症が起きた場合には、もう一度施術が必要です。施術修正は、初めての施術よりも難易度が高く慎重に行わなければなりませんので、必ず実力と多くの経験を兼ね備えた整形外科専門医から施術を受けられることをおすすめいたします。

鼻の施術修正1
開放型

鼻柱部位に開放型切開線を入れて鼻の構造を完全に露出させて軟骨、骨の一つ一つを望むところに正確に矯正する方法です。手術視界がよくて鼻の内部構造を見ながら正確に手術できる長所があります。 開放型切開は鼻の先にもっと精巧な矯正を一緒にする場合に使用する方法です。

鼻の施術修正2
非開放型

ほとんどが鼻の穴の中に切開して傷が外部から見えないようにします。また、非開放型は手術視野が狭くて鼻の内部構造の確認が難しくて、手術経験が多い専門医が手術します。

手術情報
鼻の施術修正
鼻の施術修正